Tiny Style Salon

定番ブランドや古着を中心に、30代40代の大人のメンズファッションに使えるアイテムの紹介、スタイルの提案をしていきます。

トップス

トップス(シャツやカットソーなど)の購入品や愛用アイテムの紹介やスタイリング

手頃で扱いやすいヴィンテージ。US NAVYシャンブレーシャツ【ミリタリー古着】

9月に入り、時間帯によっては半袖一枚では肌寒さを感じる日も増えてきました。 かと言って、ガッツリとアウターを羽織るほどでもありませんし、スウェットやニットを着るにもまだ早い。 とくれば、長袖のシャツやロングスリーブTシャツくらいが塩梅良いとこ…

オールシーズン使い倒せるUnited Athle(ユナイテッド・アスレ)のヘンリーネックTシャツ

シンプルな無地Tシャツだと物足りない、かといってプリントTシャツには抵抗がある。 年齢を重ねてくると、そんな風に感じる方も多いかもしれません。 そんなケースに最適なヘンリーネックTシャツ。 昨年あたりから、既に人気の高まりを感じるアイテムではあ…

白Tシャツに迷ったらまずは試すべき一枚。Hanes BEEFY-T(ベインズ ビーフィーT)ポケット付き

一枚で着るにも、インナー使いするにも、兎に角、活用頻度の多い白Tシャツ。 その汎用性や需要の高さからも、多くのブランドから様々な白Tシャツが展開され、雑誌やインフルエンサーなども度々「どれが結局、ベストなのか?」といった趣旨の発信をしたりもし…

20年越しにチャイナシャツを購入。無印良品のフレンチリネン洗いざらし結び釦シャツ

ユーロヴィンテージブームもあり、一昨年〜昨年にかけて人気アイテムの一つとなっていたフレンチチャイナ。 私も「ちょっと欲しいなぁ。」と、購入候補品の目星を付けたりはしていたのですが、結局買わずじまいとなっていました。 そんな中、先日ぶらりと無…

大定番のマストアイテム。無印良品のオックスフォードボタンダウンシャツ

老いも若きも男女も問わず、多くの人のワードローブに一枚はあるであろうオックスフォードシャツ。 中でも、無印良品のオックスフォードボタンダウンシャツは、多くの雑誌やインフルエンサーからも高い評価を集めており、リピート買いを続けているファンも少…

着心地・デザインと文句なしの必携アイテム。JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のニットポロ

ファッションにこだわりや関心の強い男性であれば、袖を通していない人はいないとさえ思える、大定番にして最高峰のニットブランド「JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)」。 シーズン的にも今がちょうど着やすい時期かという事で、愛用中の商品と併せて今回は…

経年変化も楽しめるヘビーウエイトなコットン生地。BARBARIAN(バーバリアン)のクルーネックカットソー

洋服好きなアラフォー世代であれば、一度くらいは袖を通した人も少なくないであろうBARBARIAN(バーバリアン)。 泣く子も黙るレベルに圧倒的なラガーシャツの代名詞的ブランドですね。 ラガーシャツの方は過去記事で既にご紹介済みなのですが、最近クルーネ…

ベースボールシャツのレイヤード使いで手軽にこなれ感を【古着ファッション】

あくまでもマイブームなので、トレンド的にどうかは置いておいて、ベースボールシャツを使ったスタイリングに今年は非常にハマっています。 きっかけは、しばしばこのブログでもご紹介しているヴィンテージマニアで同名ブランドも展開しているナイジェル・ケ…

コスパ抜群の国産シャツブランド『メーカーズシャツ鎌倉』

ビジネスでもカジュアルシーンでも着用機会の多いYシャツですが、良質な物はなかなかの良い値段がする一方で、襟周りなど汚れがつきやすい為に長くは使えず、私自身も「シャツは年齢的にも着る頻度を増やしたいけれど、すぐダメになるのがなぁ...。」と、具…

ヴィンテージライクに着れるBUZZ RICKSONS(バズリクソンズ)のUS NAVYスウェットシャツ【メンズコーデ】

アメリカの影響の色濃い日本においては、キングオブカジュアルウェアといった感じのスウェットシャツ。 ユニクロやGUはもちろん、ほぼどんな洋服屋に行っても展開されてもいますし、街を見渡せばかなりの割合でスウェットシャツやスウェットパーカーを着てい…

レイヤード使いに最適な50年代アメリカ軍(US ARMY)のウール混紡カットソー【ミリタリー古着】

古着のベースボールシャツのインナーとしてレイヤードしているのが、US ARMYのカットソーです。 ちなみにこれ、身幅はタンクトップのようにタイトになっているので、一枚では着れません。 袖はまくっていますが、伸ばしても8分か9分丈程度のやや短めになって…

話題のファミリーマートのコンビニエンスウェア購入品紹介【アウターTシャツ、ボクサーパンツ】

ファミリーマートのコンビニエンスウェア、SNSなどで局所的ではありますけど、話題になっていますよね。 私も2週間ほど前にアウターTシャツとボクサーパンツの2点を購入していまして、ようやく開封して着用してみましたので、今日はこのファミマのコンビニエ…

カジュアル衣料の大定番、チャンピオンのリバースウィーブのアラフォーコーデ

洋服、と言っても特にアメリカのカルチャーからの影響が色濃い日本においては、すっかりカジュアル衣料の王様的立ち位置にあるスウェットシャツやスウェットパーカ。 中でも代名詞的存在なのが、CHAMPION(チャンピオン)のREVERSE WEAVE(リバースウィーブ…

ビンテージ好きならマストバイなNigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)のポケット付きロングスリーブTシャツ【メンズファッション】

「そろそろロンTが着れる季節だな。」と、使い回せそうなロンTを物色していたのですが、まさに自分のワードローブや好みにぴったりなアイテムが見つかり購入しましたので、今回はそのご紹介を。 Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)のポケット付きロング…

PATAGONIA(パタゴニア)のフリース製プルオーバー「ロスガトス・クルーネック」

寒さもいよいよ本番に差し掛かってくる冬のこの時期に重宝しているアイテムを今回は一つ。 PATAGONIA(パタゴニア)のフリースアイテムの大定番、Los Gatos Crew(ロスガトス・クルー)になります。 昨年あたりからグッと注目度の増している人気アイテムなの…

LACOSTE(ラコステ)のポロシャツをアラフォーで遅咲きデビュー【メンズ古着大定番】

折しものフレンチやユーロブームもあり、ますますの人気を博しているラコステのポロシャツ。 古着好きにとっては流行を問わずずっと人気を保ってはいますが、ここ数年で日本国内の旗艦店も増加し、広くファッション・ブランドとして人気も高まっていると思い…

人気再燃中のバンド(ロック)Tシャツ。音楽ファン流の楽しみ方。

数年サイクルでブームを繰り返すバンドT、ロックTシャツ。 仕事も趣味の音楽な私にとっては、これまでブームを実感や気に留める事もなく、買ったり着たりをしてきました。 ただ、今回のバンドTブームにはこれまでとは異なる実感があります。

アメカジ世代のヘビーウエイトTシャツの大定番。Goodwear(グッドウェア)のポケット付きTシャツ

アメカジ世代と言いますか、90年代にファッションを嗜んだ世代であれば、Tシャツはがっしりと厚手なヘビーウエイトを好む傾向にあると思います。 近年主流な薄手でバインダーも細めなTシャツも着ないことはないのですが、何度洗ってもくたびれずに長年着続け…

夏場のデイリーユースに最適なラルフローレンの半袖ボーダーTシャツ

かなりのボーダー者なワタクシなのですが、中でもこの数年は幅の狭いものを好んで買っていまして。 若い頃はそれこそアニエスべーのワイドボーダーなどを好んでいたのですが、おじさんになるとボーダーのピッチの細い物が好きになるんですかね。苦笑 長袖は…

案外着こなしやすいキング・オブ夏服。SUN SURF(サンサーフ)のアロハシャツ

満場一致のキングオブ夏服。 アロハシャツのお気に入りの1着を今回は。 ファッションとしては取り入れるには、なかなかにハードルの高さを感じるアイテムだと感じていたのでそう買う機会は多くなかったのですが、このSUN SURFのアロハを購入してからはむしろ…

アイロン掛け不要なお気に入り夏服。バナリパ(Banana Republic)のコットンリネン半袖シャツ

夏の大定番のリネンシャツ。 特に近年はトレンド感もあり、リネン好きの自分としては非常にありがたいです。 なにしろアイロン掛けが面倒くさくて非常に好きではないので、洗濯シワも味や雰囲気としてうやむやにしてくれるところはありがた過ぎてたまりませ…

手頃な価格のデッドストック古着。ルーマニア軍のスリーピングシャツ

自分としては意外にも、今回は初のミリタリー古着記事です。 ミリタリーは非常に好きなのですが、季節的には秋冬に買ったり着る事が多かったから今頃になってしまったのですかね。 値段も手頃で使いやすく非常に気に入ったのでご紹介していきたいと思います…

古着のWrangler(ラングラー)のウエスタンシャツを初購入【90年代USA製】

デニムシャツ、シャンブレーシャツはこれまでかなりの枚数着てきたのですが、少し前に珍しくウエスタンシャツを購入。 珍しくどころか、過去に買った記憶があまり無いので初購入かもしれません。(高校生くらいの時には持っていたような気もしますが。)

値頃な価格に絶妙な厚みと柔らかさ。United Athle(ユナイテッドアスレ)のヘンリーネックTシャツ

定番ブランドも多く、無数の選択肢のあるTシャツ。 ユニクロや無印良品などでも質の良いものが手に入るようになりましたが、それだけに少々物足りない、というか買う楽しさに欠ける所を感じてしまいます。 おそらく、私も含めいわゆるアラフォー世代はグッド…

アラフォーが着たいスケーターブランド、POWELL PERALTA(パウエル・ペラルタ)のTシャツ

この数年、Tシャツ、特にプリントTシャツを着る頻度が徐々に減ってきました。 今年42歳になるという年齢からなのか、ノームコアのムードを受けてそうなっているのかは自分でもはっきりはわかりません。 「おじさんの年齢になったら、Tシャツ(特にプリント…

COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)のカーディガンで90's風コーディネート再現

真夏を除けば、通年して着用機会のあるカーディガン。 中でも気に入って使っている物のひとつに、COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)の物があります。

エイジングも魅力のタフなブランド。BARBARIAN(バーバリアン)のラガーシャツ

昨年、十数年ぶりに購入したバーバリアンのラガーシャツ。 思った通りのお気に入りの1枚となっていたので、ご紹介したいと思います。

大人にオススメの古着。ヘリンボーン織りのユーロワーク・カバーオール

巷では、ヨーロッパ古着が大流行。 少し前までは、アメリカ古着の価格が高騰し過ぎているので、価格的に手頃という理由でヨーロッパの古着の需要が保たれていたような印象もあったのですが、もはや、、、という状況ですね。 ちょっと「いいな。」と思っても…